3番目の加熱式電子タバコグロ (グロー)

Ploom テックに続く3番目の加熱電子タバコとして人気のグロ (グロー) について Iqos。
Iqos と同じようにタバコの葉を焼かないので、グロは有害物質を 90% 削減することができます。グロは2016年12月に宮崎県仙台市で販売され、2017年10月にはコンビニエンスストアで全国販売が見られるようになった。

定価は8000円。使用方法としては、体にネオスティックをグロで吸うことができます。ネオスティックは、グロのためにのみ、それは通常のたばこのように見えます。
マウスピースにはフィルターがあり、蒸気代用にグリセリンを浸したタバコの葉も巻いています。ネオスティックは8フレーバーで420円の20パックがあり、それぞれ “明るいタバコ “、 “リッチタバコ “、 “滑らかなフレッシュ “、 “フレッシュミックス “、 “強烈フレッシュ “、 “シトラスフレッシュ ” と “スパークフレッシュ ”

濃いフレッシュの名で売られています。

本体の色は初発売で銀だけだったが、今では Mobe のピンク、ストーンブラック、ミストブルー、シャンパンゴールド、全5色が展開されている。電池は大きく、約30連続使用のための単一の充満で使用することができる。充電時間は 2 ~ 4 時間であり、スマートフォンのモバイルバッテリーを充電することができる。

CBDリキッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です