安全性

CBDリキッドを知らなくても、ヘンプを知らない人はいないはずです。ヘンプは違法薬物であり、危険性の高いものです。同じヘンプ草に含まれているCBDオイルを使用しても大丈夫かと、不安になる気持ちになるはずです。

CBDリキッドに関して言うと、CBDの含有量が異なりヘンプの違法成分はTHCと呼ばれる成分が影響しています。

そのためCBDリキッドに関しては、国により違法薬物に該当するか判断が異なります。

アメリカでは医療行為で使用する場合は合法になり、日本の場合はTHCが0.3%以下のCBDリキッドに関しては違法にならないです。

CBDリキッドを医療行為で使用をすると、不安を緩和してストレスを軽減する効果があります。

このため、不安が大きく影響するPTSDや不眠症の症状改善に効果があると言われています。

てんかんの治療薬としても効果があると注目されていて、精神的な作用だけではなく痛みや炎症の軽減にも効果があります。

関節炎や慢性的な痛みの時に鎮静剤として使用されていて、そしてまだ研究段階であるががん細胞の増殖を抑制する効果があると考えられています。

新しいガン治療薬として、海外では開発が進められている途中です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です